salon de kanon

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Last.fm
RECOMMEND
アワー ミュージック
アワー ミュージック (JUGEMレビュー »)
相対性理論+渋谷慶一郎
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
青山景 / ストロボライト / 感想
評価:
青山 景
太田出版
¥ 819
(2009-08-04)

表紙に惹かれて買ったら、CONTINUEで連載していた作品だった。 
本作の途中1話しか読んでなくて、なぜか、アイアムアヒーロー(序盤)とごっちゃになり 
アイアムアヒーローの1巻を読んで「あれ、立ちバックしてない」と思い 
これを読んで、「あー立ちバックしている」と思ったのもいい想い出。

なんつうかさ、想い出なのか現在なのか映画の中のことなのか想像なのか
ごちゃごちゃになりながらも、時間軸を行ったり来たりして転がり続けるストーリー。
そして、見事なまでのエンディング。 
もうね、大好き。
あの最後は本当に震える。

ストーリーは、主人公の愛すべきマイナー映画「G9」
誰にも理解されない映画の良さと、小説を書いても理解されない自分の状況を重ねつつ
花見でたまたま一緒になった町田ミカが、実はG9のヒロインの娘で
そこから始まる、モラトリアムとペシミズムと屈折と実直さ、そして虚構と混乱。
なんともあっちこっちに時間軸が動くのだが、意外とスッキリと読める。

読んでいると、ヒロインの町田ミカの可愛らしさ(表紙の娘)がヤバイ。
だって、ショートカット、八重歯、タレ目だよ?もう最高すぎるでしょ。

そして主人公である浜やんの「お前は、俺か!」ってくらいのうぬぼれと諦めと屈折に
身もだえしながらも、意外と突き放して読めてしまうのは
現在という時間軸から過去を俯瞰しながら描いているから故か。
如何様にも解釈できそうで、意外とそういった解釈を求めていないようにも思える。
始まりは一カ所でしかなく、終わりも一カ所でしかない。
最初と最後が決まっているからこそ、途中拡散してしまいかねない展開やストーリーが
読み終えた後の自分の心に響く。

もう一度云う、あのエンディングは本当に素晴らしい。
過ぎ去っていってしまったものは、全て美しく見えてしまうものだが
本当に美しい瞬間というのは、ああいう他愛のない一瞬なのかも知れない。
ボクは、本当に、そう思う。
スポンサーサイト
- | 00:07 | - | -
コメント
from: パネライ コピー   2012/12/25 2:18 PM
◆HP:http://www.jpcopy090.com/panerai-watch
■主要取扱商品 バッグ、財布、腕時計!
◆1回は多数の商品を買って、高い割引を与えることができます.
◆あなたが私の店まで(へ)(経過)商品のを買うことを期待して、あるいは聞きます.(*^v^*)
◆お客様が100%満足することは 本社が満足することです
◆ブランドコピー,ブランドコピー時計,ブランドコピー財布,ロレックス スーパーコピー,ウブロ スーパーコピー
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://trion.jugem.cc/trackback/2634