salon de kanon

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Last.fm
RECOMMEND
アワー ミュージック
アワー ミュージック (JUGEMレビュー »)
相対性理論+渋谷慶一郎
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
市川春子 / 虫と歌 市川春子作品集 / 読了
ひとは本作をファンタジーというかもしれないし、俺はSFというだろうし、
藤子先生にしたら「すこしふしぎ」とくくるかもしれない。
だが、共通して云えるのは、良い作品が揃っていると云うこと。

久久にキたなぁ。
良い物とで出会った・読んだときに感じる背中の毛が逆立つような感じを味わったわ。

どれも心に引っかかる作品だったのだが、特にキたのは「日下兄妹」。
最後の病室での言葉は、何度読んでも、体中に電気が走る。
美しく、悲しく、そして愛のある結末。
この一本と出会えただけでも、本作を買って良かったと思う。

次に「虫と歌」
本作品集のタイトルともなっている作品で、読み終えてから一番古い作品だと気付きましたが
間違いなく最初の作品が一番作家として本質を表している作品だと思う。
これも、上手く言葉にしにくいのだが、手触りが良く、読み進めるうちにそれが
手から徐徐に心へと張り付き、読み終えたときにはそれを一気に剥がされるような
そんな痛さと、喪失感があった。

全編どれも感想が抽象的になってしまうのだが、致し方ない。
俺程度の文章では、伝えられない。読んで貰わないと分らない。
本作を読んだ全員の心に響く作品だということは出来ないが、
間違いなく一部の人間の心の中心を打ち抜くだけの力がある作品だと思います。

是非、お手にとって読んでみてください。
スポンサーサイト
- | 01:57 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://trion.jugem.cc/trackback/2629