salon de kanon

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Last.fm
RECOMMEND
アワー ミュージック
アワー ミュージック (JUGEMレビュー »)
相対性理論+渋谷慶一郎
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
映画"シャカリキ" / 感想
思わず、借りてしまった。

予想以上に酷い作品でした。
映画の上映時間に収める為に行われた換骨奪胎ならばいいのだが、
どちらかというと、原作レイプバラバラ事件とでも言うべき出来。

個人的に酷いなぁと思ったところを書いてみる。

第一点
何が酷いって、鳩村さんをポッポと呼ぶ、ところ。
原作には居ないキャラクターが多い為、最初ポッポって誰だよ?と思ったが
直後に「鳩村か−!!!」と思い、ガックリうなだれる。
なんだろ、威厳も糞もないよね、ポッポなんて呼ばれたら…

第二点
由多監督に威厳が全くないこと。
原田泰造に期待するのが間違いなんだろうが、それ以上に脚本がダメすぎる。
本当に原作読んだの?と言いたくなるくらい、ドーンと構えずかっこ悪さのみのユタ監督にがっかり。

第三点
主人公である、テルが単なる自転車バカと言うよりも協調性のない人物として描かれているところ。
自転車バカ故に有り得る我の強さではなく、単なる我儘キャラという描かれかたでがっかり。
しかも、劇中で坂が出てくる度に、毎回演じている役者さんの顔がドアップになり
「坂や!!」
ってやられるたび、安っぽい背景との合成を含め非常に萎える。

第四点。
原作では、お嬢様系キャラでおしとやかな永田さん。
映画では、原作におけるもう一人のマネージャーとなる東海林さん的描かれかた。
ボーイッシュで、快活で、物怖じしない性格の永田桜なんか求めていないのだ。
つうか、マジで原作読んだのか!?と言いたい。

第五点。
第四点とも絡むのであるが、鳩村と永田さんの妙な恋愛感情とか要らないだろ?
確かに、原作では東海林さんは鳩村に惹かれるのだが、だからといって短い映画に
あまり必要のない恋愛感情的なところを入れる必要があったのかと。
どうせなら、映画版は永田さんではなく、東海林さんをマネージャーとして
鳩村と東海林さんの恋愛感情とかだったら原作読者も有りだと思うのだろうが
そこを無理矢理、マネージャーを永田としているから余計に原作読者はイライラする。
ホント、マジで原作読んだのか!?と言いたい。

第六点。
映画冒頭、テルの乗った小径車(ミニベロ)で鳩村のロードバイクを追いかけるシーンがあるのだが
いくらギアが故障していても、小径車とロードバイクがいい勝負ってのに萎えた。
なんつうか、こういうリアリティの無さが作品をどうしようもない方向へ持って行くのだと実感。

他にも突っ込みどころはいっぱいあり、酷いという言葉以外無い。
青春ものとしても消化不良、自転車ものとしても消化不良で、褒めるべき所は、なにも無い作品。

とりあえず、原作が好きでたまらない人は怖いもの見たさで見る分には良いのでしょうが、見ない方が身の為です('A`)

公式サイト:映画『シャカリキ』
【TV】ハチワンダイバー 第5話
文字山おもしろすぎ
いやーここまではまり込むとは思わなかったわ。
演出も原作に忠実で、紙面でもおもしろいのが動画になってもおもしろいなと。

にしても、そよ役のひとの丸っこい鼻が気になってます

りあるぱふぱふきたー!(ぉぃ

最初くそみそにいっていたのに、俺、はまってきてる(笑)

にしても、なんすか、安田美沙子との因縁。
どうでもいいんだけどーこういう部分は萎える。
わかりやすい三角関係描きたいんだろうけど、
菅田はI LOVE そよ.であってほしいわ。

受け師状態だと、そよ役の仲里依紗さん、ほほがあまり動かなくてその堅さがいい感じ。

京本正樹きたー!!!!
なんか、将棋指しすぎたのか、フィギュアにはまりすぎたのか
なにかこじらして、ああなってしまったお兄さん(おっちゃん)って感じで
それだけで既におもしろい。

「日によっては、主人とメイドです」って台詞を京本正樹から聞くとおもしろいわw

菅田役の人、眉間にしわを寄せなければいいんだけどなぁ(毎回言っているが)

にしても、菅田の師匠鈴木が長い研究の元に復活させた新・早石田流三間飛車を
ダイブして倒せると思ってしまうあたりはどうなんだろ?と思ったり。
毎度思うのだが、マンガ版ハチワンの鈴木棋士は、本物そっくりすぎるw
関連リンク:鈴木大介(日本将棋連盟)

京本正樹が「僕のモノです」っていうと高校教師チックでエロスwwwww

で、次週は俺は初めてお目にかかる二コ神さまですか。楽しみ。
あと、SDそよ出ませんでしたね('A`)
海豚役が池田鉄洋ってだけで、吹いた。
そりゃどーなんだ、俺は好きだから楽しみだけどwwwwww

あと、最後の京本正樹にちょっとときめいたw

次週も楽しみに待ちますー
【TV版】ハチワンダイバー 第四回
ハチワン始まったー

相変わらず菅田役の人、眉間にシワを寄せて演技するから
DQNっぽく見えちゃうんだよなー
あとは、見慣れてきたのか、こんなモノかという気がしています。

にしても、ヨクサル協力しているなぁ
なるぞうくんのコミック2P描下ろしたんだろうなぁ。

あと、劇団ひとりの文字山は実際に見ても結構アリだったw

んと、前回見ていないからわからないのだが、安田美沙子はなんなんだ?
あれは一番いらないんじゃないの?

ひとりの駒との会話クソワロタwwwww
わざわざCGと声優?使ってやっているあたりに本気(マジ)を感じたw

あれ?案外高評価よ?

あーダイブポーズのかっこ悪さだけは何度見ても慣れない('A`)

しっかし、菅田役の人、眉間にしわ寄せ杉。
せめてアレがなければもう少しマシに見えるのだがw
やっぱり、追い込まれているシーンは余計にDQNっぽくみえる('A`)
演技力の差なんでしょうけど、かわいそうだなぁ。

とりあえず、安田美沙子は出てこなくて良い。
どうせ出てくるなら、おでこ出さない方がかわいいと思うのだが(蛇足)
木下なんちゃらもいらねえ…

しっかし、ダイブの際、深呼吸なのに腹式呼吸じゃないとか突っ込むのは駄目ですか?

文字山、どんな薬キメてるんだよ(笑)
いやー劇団ひとりに頼んだ時点でおもしろくなるのは確定だっただろうが
予想以上に変態っぽくなりおもしろいw

飛車で王手された後の、息をのむような間抜けな表情を多用すれば菅田役の人も
もう少しましになるとおもうのだが

あら、勝負は持ち越し、次週に続くのね。
にしても、そよちゃん、存在感なさ過ぎる。
いや、メガネにだんごっぱなは好きですよ。ええ。

次回予告見て、吹いたwww
キリノが京本正樹ってwwwww
仕事選べwwwwww
つうか、年齢おかしいだろwwwwww
こうなったら、シスタスことシトがしょこたんでもびっくりしない('A`)
【TV】ハチワンダイバー【第二回】
なんつうか、先週はあら探ししてやろうという目で見てしまい反省していたのだが

やっぱり、菅田、おかしすぎる。
ダイブを必殺技として持ってくるのはわかりやすさとしていいのだが
連発するモノでもないし、潜ったから勝てるのではなく
より深く先を読んでその中で拾ってくるという感じで見ていたのだが

あれじゃ、プロ棋士になれなくて仕方ないか

という勘違い将棋野郎にしか見えず、微妙。

それだから、漫画版で菅田が「自分の将棋を捨てた」という台詞の重さが出るのだが
ドラマ版だとなんかなぁー('A`)

マムシ登場だが、空中賭場の迫力がねぇなぁ。
1000万の勝負はいいとしても、それならもっと周りにスジ者っぽい人を並べた方が
雰囲気出ると思うのだが、菅田役のの演技同様薄っぺらい('A`)

やっぱりダイブを必殺技か何かのように使うなぁ

マムシがビジュアル系崩れみたいでワロタ

ダイブまでの展開はいいんだが、「ダイブ!」って言うときの声の間抜けさと
ポーズはなんとかならんのかね?('A`)

「これで丸呑み決定!」

っていうマムシに吹いたww

警察に踏み込まれて逮捕されてはいいのだが、令状なしだったよね。
とか、細かいところに突っ込み入れてみたり。
あのがさ入れシーン必要あったの??

で、一巻分終わってニコ神登場。
しかも、大杉漣ってmjd?
あってないと思うのだが、それだけで許してしまいそうな(笑)
パッと見、ニコ神さんが玉置浩二に見えるww

相変わらず、メガネっ娘ってだけで許してしまいそうな俺です('A`)
【ドラマ】ハチワンダイバー【原作レイプ?】
ついに始まりましたー

それにしても、何というかハチワンダイバーの原作読んだのか?
といいたくなる初っぱなから全然違いますわww
違うのはかまわないのだけど、やっぱり菅田のイメージ合わないなぁ

どうも、「真剣師=うさんくさい」って画の作り方な気がする。

とりあえず、アキバの受け師時の野暮ったいメガネは似合ってるwww

菅田役にしてもそよ役にしても、将棋の指し方下手すぎるwww
あと、そよ役の人、若干指が短いよね。

んー菅田には将棋しかないというのが伝わらない。
あれじゃ、将棋で負けただけで頭がおかしくなった人に見えるなぁ。

チラシにヨクサル絵のそよがいてワロタ

"みるく"が"アキバの受け師"って気づく下りも
原作観ていない人には、ちょいと強引すぎないかい?
受け師版でもう少しじっくり見せた上での方が良いような…

なんつうか、二人とも演技下手すぎる。
初心者の演劇観ているみたい('A`)

菅田役、凄むと単なるDQNにしか見えないよ。

将棋シーンに緊迫感がないから、茶番でしかないよ('A`)

そよ役の人の団子っ鼻がハナフェチの俺には気になった(内容に関係なし)

あーモノローグきたー
だけど、将棋の世界を知っているか、原作読んでいないと微妙な演出。
あと、意味なく安田美沙子出すのは、登場人物が男ばかりだからか?

なんすか、あの安田美沙子の伏線的発言。
あー微妙だー

主役の二人よりも、サンドウィッチマンの二人の方がハマってる気がするw

なんというか、菅田役の人は、将棋で負けただけで泣きわめく困ったちゃんに見えるw

初回からダイブしますか。
にしても、かっこわるすぎる(笑)
意味のない裸を含め、微妙すぎるwwww
一休さんのとんちか、悟空のスーパーサイヤ人、ウルトラマンの必殺技の様な
そういう感じでなんとも微妙。

意味のない、そよのボディータッチ(笑)

将棋シーンで盤面をじっくり映さなそうだし、あくまで
将棋ではなく、人物同士を中心に話を作っていくんだろうなぁ。
テレビだから仕方ないのでしょうが。
この感じだと、オリジナル展開に早早に流れるんだろうなぁ。

次回予告観ましたが、マムシが名前の通りハ虫類キャラというか
ハ虫類+L(デスノ)=マムシ(TV版)
って感じで吹いた。

素直にいえば、ヨクサル的暑苦しさは期待したら駄目だと思います。

【リアルタイム更新終了】
Autechre "Incunabula"
Incunabula
Autechre / Incunabula


WarpのAIシリーズの一枚としてリリースされたオウテカの1stアルバム
最近のものと違い、聞きやすく、そんなにヒネてないw

だがビートに対する姿勢は変わっておらず
当時はちょいと毛色の違ったテクノとして聞いていたが
ヒップホップを囓ったお陰か、彼らのそう言った側面が1stからも見えてきて
ライナーノーツに書かれていたことにやっと納得。
AIシリーズ故かアンビエント的な音が散見されるのは時代故のご愛敬か。

踊ると言うよりも、意識をどこかに飛ばしてしまいたくなるそんな一枚です
映画"ゆれる" 感想
ゆれる
ゆれる


人生なんてタイトロープのようなもので、どちらに転ぶか判らないし
渡っている最中はそれに決して気付いていない。
渡り終えてから、または落ちてしまってから、振り返ったときに
初めて自分が置かれていた状況に気付かされ、後悔もする。

写真家の猛は、母の一周忌で帰郷した。父と折り合いの悪い彼だが、温和な兄・稔とは良好な関係を保っている。翌日、猛は稔、そして幼馴染の智恵子と渓谷へと向かった。智恵子が見せる「一緒に東京へ行きたい」という態度をはぐらかして、一人で自然へカメラを向ける猛。そんな彼がふと吊橋を見上げた時、橋の上にもめている様子の稔と智恵子がいた。そして次の瞬間、そこには谷底へ落ちた智恵子に混乱する稔の姿だけがあった…。
(引用:goo映画)

 見終えて思ったのは、見事な作品だということだ。
オダギリジョー自体、特に好きは俳優ではなかったが、その風貌や醸し出す雰囲気が
作品に非常にマッチしており、全く雰囲気も何もかも違う兄役の香川照之の芯のある演技
との非対称性がまた作品のキモとなっているな、と。

特に好き勝手に生きる弟に対して、実家のガソリンスタンドを継ぎ、思うままにならずに
日日忙殺されていく兄の内面を淡淡と、そして時に激しく演じる香川照之は
見終えて思うが、画面から受ける印象以上に凄みがあった。
まるっきり違う兄弟でありながら、やはり最後まで兄弟であることを貫き通す
その姿は、同じ兄弟持ちの人ならば見終えた後にこみ上げるモノがあると思う。
実際自分もラストまでの流れに涙し、何度もゆれながら、それでも繋がっている
兄弟の姿に自分をだぶらせた。
だからこそ、最後のあのシーンをどう思うか、観客に委ねているのだろう。

演出面も隠喩を多用しているが、決して嫌味にならない絶妙感で、
わざと無音を作ったり、その音だけを目立たせたりと非常に上手い。
さらに、サントラもマッチしており、それだけ単独でも聞きたいと思わせる出来。

全てが、素晴らしい作品でした。
映画"笑う大天使"
笑う大天使
笑う大天使

川原教授の名作"笑う大天使"
主演にはノリにのっている上野樹里ということで期待したけど、
公式サイト:笑う大天使
がどうにも、アレ気過ぎておそるおそる見てみたw

まずアレだ。
冒頭から何の作品だと思うような展開に仰け反る。
高校が陸の孤島というか、湖に浮かぶ島にあるってだけでヤヴァイ臭いが…
史緒が上野樹里はまだ良い。
関西弁やお嬢様臭が全くしないところも好感だ。
だが、柚子と和音はどうなのよ?イメージとだいぶかけ離れている。
長剣だと思ったら、短剣を出されたときのルン様くらいかけ離れている。

まぁ、それも百歩譲って見ているうちに慣れる。
だがなぁ、あの安っぽいVFXとナレーターの声と監督の勘違いした
お嬢様学校の変なイメージと、原作の非常に分かりやすい話を
抽出しただけの出がらしのお茶を懇懇と飲まされる状態が続き、
極めつけは、最後の無駄に安っぽい格闘シーン。
しかもやたらと長い!!!
ああ、もう最後は早送りしたくてたまらなかったわ…
このどうでもいいシーンを撮りたいためだけに作ったんじゃないの?って言いたくなる。

なんにしろ、原作に愛着がある人は見ない方が良い。
上野樹里が好きなら、見ても良い。
これを見て何か得られるものは無い。
そんな一作でした…orz
ユージュアル・サスペクツ
ユージュアル・サスペクツ
ユージュアル・サスペクツ

台風来ているし、出掛ける用事もないし、というときはやっぱり映画でしょう。
新作を見ると言うよりも、面白かった映画のDVDを買ってきて見る方が好きな俺が今日見た作品は、ユージュアル・サスペクツ。

映画マニアにして俺の数少ない親友の一人ホットマソが超絶賛していた本作。
しかし、長らくDVD版が絶版しており入手することが出来ず、俺も初見はレンタルで借りてみたのだが、どうしても欲しいと思っていたら¥1,500で再発されており速攻で購入。

コカインの取引現場を何者かが襲撃し、密輸船が爆破して大量のコカインと9100万ドルが消えた。警察は唯一の生存者キント(ケヴィン・スペイシー)の尋問を始める。キントは、事件の黒幕は誰も顔を知らない大物ギャング、カイザー・ソゼだと語り、彼がキートン(ガブリエル・バーン)ら5人のワルを集めて襲撃させたというが…。
ブライアン・シンガー監督の出世作となった傑作犯罪映画。登場人物に善人などは皆無で、ピカレスク要素を漂わせつつもどこか閉塞的な心理サスペンス・ミステリーが繰り広げられていく。
とあらすじ引用。
だけど、この粗筋なんてレベルではなく、表面を触ったくらいしか語れていない、かといってここでそれを語るというのも野暮すぎる。

取りあえず一回目は真剣に見て、あっと驚くオチに震えろ。
まぁ、衝撃の真実が!とか言うと、「先が読めた」とか言い出すやつが出てくるが、それは読めたのではなく、「読まされた」のである。
言っている意味が分からない人は、もう一度見るべき。
あの時間軸の並び(回想シーン)の意味とオチをよく考えてみれば、分かる。

俺たち観客も、警察も、犯罪者達も全てカイザー・ソゼの手のひらの上で遊ばされていたと言うことに。

しょっちゅう見返す作品ではないが、夜ふと思い出したときに見返したくなる一本です。
映画 "時をかける少女"
劇場で見た方が良いとみんな言うので、時をかける少女を見てきました。

単純に面白かった。
まだ観ていない人は、DVDを待たないで是非とも劇場で観てください。

以下ネタバレ感想文
続きを読む >>